Sheet metal paint

最近のウレタン塗装の特徴

車を運転していれば、どこかにこすってしまったりぶつけてしまうことは必ずあります。時には飛び石をぶつけられ、小さなキズを負うこともあるでしょう。そんな時に役に立つのがウレタン塗装です。
ウレタン塗装は、小さなキズであれば時間を置くと復元力を発揮して元の形に戻ろうとする特性があります。しかし、それ以上の深さや広さのキズ・ヘコみを負ってしまうと、今度は板金をしたり塗装をしないと元には戻ることはありません。最近のウレタン塗料には、この元に戻ろうとする復元力が数年前に比べて大きく強くなっています。
そして、何よりも発がん性物質の含有量が圧倒的に少なくなっているのが技術の進歩と言えるでしょう。有機溶剤を使用している限り、発がん性物質の含有からは逃げることができません。しかし、現在の塗料会社の技術が日々進歩していることから、板金塗装に携わる技術者の健康への配慮が行き届くようになりました。
板金塗装の容易さから、最近ではカーコンビニのような超短時間にて作業をしてくれるところもあります。突然の予想外な事故であっても、しっかりと治してくれる工場が世の中に溢れてくれているのは、自動車ユーザーにはありがたいことです。

おすすめの記事

新着情報

TOP