Sheet metal paint

高品質な板金塗装店を見極めるコツ

車

板金専門の職人と塗装専門の職人が連携プレーで行うのが板金塗装の仕事です。飛び込みの一般客を受け入れているお店も多いですが、昭島では自動車ディーラーや修理整備専門店、中古車販売店からの受注をメインに仕事を行っています。あまり知られていませんが、昭島の自動車ディーラーは板金塗装のクオリティーに対して厳しい査定をしているので、ディーラーからの仕事をたくさんこなしているお店の職人はハイスキルな傾向にあります。
マイカーの修理や塗装を依頼する時は、来店した際にディーラーの仕事をどれくらい受けているのか、職人の人数は何人くらいなのかを、それとなく質問してみると良いです。だいたい毎月の仕事量の半分以上がディーラー受注であれば、そのお店は高品質な板金塗装が可能であると判断して良いです。
また、費用に関しては修理が必要な箇所の程度によって変わりますが、大まかに相見積もりをしてもらって、各店舗と交渉する方法が最適だと思います。最初から1店舗だけに絞ってしまうと費用に差が出やすくなるため、最低でも3店舗程度は足を運んで総費用の交渉を行うようにしてください。
ディーラー受注数の確認と相見積もりを利用した交渉が、昭島で納得のいくサービスを受けられるコツだと思います。

板金塗装の主な工程

昭島で車の板金塗装をお考えですか。具体的に、板金作業とはどのような事を行なうのでしょうか。ここでは、昭島の板金塗装作業の主な工程を簡単にご紹介します。
板金塗装作業は、車体の状態によって作業工程が変わってきます。擦り傷が付いている程度なのか、凹みがあるのか、また凹んでいる場合、ただ凹んだだけなのか塗膜にまで傷が付いているのかということでも、修理の仕方は違ってきます。しかし、大抵は修理を始める下準備として、損傷を受けた箇所をよく確認し、必要であればパーツを外したり、汚れを落としたりするところから始めるでしょう。
その後、本格的な修理が始まり、浅い擦り傷であれば、塗料を剥がして塗り直しますし、凹みであれば、専用の道具を使ってボディの裏側から少しずつ凹み箇所を押し戻す作業などが行なわれます。この工程においては、技術者の技量が最も重要で、出来上がりの良し悪しを左右します。
それからパテを塗り込んで、幾らか残っている歪みをなくしていきます。最後に、しっかり乾燥させてから、ヤスリをかけて綺麗な仕上がりになるようにします。これら板金塗装作業が終わった後に塗装作業が行なわれ、作業完了となります。
技術が求められるとは言え、それ程複雑な工程ではありません。傷付いた車体をそのままにするのではなく、是非一度昭島の板金塗装工場に相談してみるようにしましょう。

クオリティ高い板金塗装は時間がかかる

昭島にはガソリンスタンドやカーショップなどに併設している設備で、板金塗装を短時間で行うサービスがありますが、時間が短く安い代わりに出来上がりに満足がいかないこともあります。板金塗装で一番時間がかかるのが、実は色合わせという作業です。ぶつけたり擦った箇所を修理した後は周りの色と同化させるように塗装をします。
この時安いお店の場合は、新車に使われている色そのままを使います。ですが実際は新車に塗るのならともかく購入してある程度経過した車というのは太陽光などに当たることで退色しているため、その車指定の色を塗ると周りの塗装をしていない部分と馴染まず違和感があります。
それ程こだわりがない人なら良いかも知れませんが、見る人が見れば分かりますし、下手な塗装をしてしまうと修理箇所が目立つため、売却する際にも値下がりする原因になってしまいます。よほど急いでいる時を除いては、板金塗装は一旦車を預けて修理してもらうことが大事です。その車の退色具合に合わせて塗装をしてもらえる昭島の業者であれば、修理箇所もほとんど分からないレベルに仕上がります。
昭島でクオリティにこだわった板金塗装をしてくれるのは、大きなお店ではなくて個人のお店に多いです。大型店舗はマニュアルに従ってキャリアのない人が塗装することが多いですので、安かろう悪かろうに仕上がってしまうことが多いのですね。


クオリティの高い板金塗装をしてもらいたいなら、板金塗装を昭島でするのがおすすめです。昭島には板金塗装の職人ともいえる方がいております。そういった方に依頼すれば安心感もありますし、なによりも仕上がりが素晴らしいので満足できるでしょう。

おすすめの記事

新着情報

TOP